全国法人会総連合とは?

 1954年(昭和29年)10月、法人会の全国組織として「全国法人会総連合(略称:全法連)」が生まれました。全国の法人会連合会全体をまとめているのが、この公益財団法人全国法人会総連合になります。

 基本的指針を示し、「税の提言活動」「地域社会貢献活動」を行ったり、青年部会による「租税教育活動」や女性部会による「税の絵はがきコンクール」を実施しています。さらに会員に向けて、「法人会全国青年の集い」や「経営者大型総合保障制度の創立」などを行ってきました。

 
 県法人会連合会とは?

 「全国法人会総連合(略称:全法連)」の直属の組織に当たるのが、この都道県法人会連合会になります。現在は41都道県に事務所を構えています。

 そして各法人会が税務知識の普及に務めると共に、よき法人企業の団体としての活動を通じて、より良い企業経営と社会の健全な発展に貢献することを目的としています。

 私たち千葉県法人会連合会も千葉県内に事務所を有する単位会をまとめている組織になります。

 単位会とは?

 県法人会連合会のエリアをいくつかに分割し、会員の方が実際に活動を行っているのが単位会になります。現在では全国に441単位会があり、税意識の向上・地域密着の社会貢献など様々な活動を行っております。

 千葉県内には、14単位会があり、各単位会で「税の研修」や講演会、子供たちを対象とした「税に関する教室」などを開催しています。